- 椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアは、腰痛に関係する病気としてよく聞くことがあるのではないでしょうか。
しかし、椎間板ヘルニアという病名は聞いたことがあるが、症状などについて詳しいことは案外と多くの人が知らないようです。
ここでは、椎間板ヘルニアの症状などについてご紹介しましましょう。

椎間板とはどのようなものか?

24個の骨で人の背骨は成り立っていますが、椎間板というクッションの役目を果たすものが背骨同士の間にはあります。
この椎間板は、髄核という中心にあるものと線維輪という髄核を囲むもので成り立っています。
例えば、卵であれば、髄核が黄身で、線維輪が黄身を囲む白身というような感じです。

ヘルニアとはどのようなものか?

ヘルニアというのは、一部の身体の中のものが、本来あるべきところから出たような状態です。
よく耳にする脱腸というのは、正式には鼠径ヘルニアと言われる病気で、ほとんどの場合はお腹の中に本来であればある腸などの一部が、皮膚の下に鼠径部の筋膜間から出るものです。
また、でべそというのも、正式には臍ヘルニアと言われる病気で、へその緒が生まれて取れた後にへそが出ている状態です。

椎間板ヘルニアとはどのようなものか?

椎間板ヘルニアというのは、椎間板の中心にある髄核が出たような状態です。

例えば、生卵であれば、白身から黄身が出たような感じです。
椎間板ヘルニアの要因としては、重い荷物を持った際の負荷などが考えられます。
なお、下になるにつれて背骨はより重さがかかるので、椎間板ヘルニアの症状は下の腰に近い箇所ほどがよく現れるようになります。

椎間板ヘルニアはどのような症状か?

多くの神経が背骨の周囲にはありますが、これらの神経を出た椎間板の髄核が刺激すると、痺れや痛みなどが現れます。
椎間板ヘルニアの場合は、激しい痛みが現れますが、これは神経が多くある背骨の周りで起きるからです。

酷い症状の場合は、痛みのために睡眠できない場合もあります。
ぎっくり腰は強い痛みが腰に現れる病気ですが、椎間板ヘルニアの場合は、腰の痛み以外に、足の痛みや痺れも現れます。
しかし、椎間板ヘルニアの場合は、自分で安易に判断しないようにしましょう。
医師に必ず診てもらって、椎間板ヘルニアの治療を適切に受けましょう。


椎間板ヘルニアの場合は、専門家による治療をオススメします。
世田谷区の用賀駅近くの整骨院では、患者さんの症状に合わせた治療を行っています。
お気軽にご来院ください。


アクセス情報

所在地

〒158-0097
東京都世田谷区用賀4-11-10 3F

駐車場

お近くのコインパーキングをご利用ください

休診日

年中無休

ご予約について

当院は予約優先制となっております