- 頭痛(緊張型頭痛・偏頭痛)

頭痛(緊張型頭痛・偏頭痛)

緊張型頭痛とは?

緊張型頭痛というのは、ダラダラと鈍い頭が締めつけられるような痛みが継続するものです。
ヘルメットを殴られたような痛み、頭をギューッと鉢巻きで締めたような痛み、ずーんと頭が重い、などと言うような人もいます。
緊張型頭痛は、長時間車の運転やデスクワークなどで同じ姿勢を継続した際に、こめかみにある側頭筋や、肩から首に広がる僧帽筋や後頸筋などのこりや痛みで起きるとされています。

また、精神的なストレス、不安、緊張、うつというような不調も、敏感に傷みを脳が感じる要因になっていることもあります。
緊張型頭痛を治すためには、基本的に、心身をリラックスすることです。
肩や首がこらないように同じ姿勢を止める、肩や首の冷えを防止して血液の流れが悪くならないようにする、ストレスを無くすためにお風呂のぬるめのものに浸かるなどが、効果が期待できます。

偏頭痛とは?

偏頭痛というのは、女性の20歳代~40歳代に多く現れ、痛みが強いために支障が日常生活にある場合もあります。
脳の血管が拡がって、刺激をこの周りにある三叉神経が受けて起きると考えられています。
神経伝達物質のセロトニンというものが、脳の血管が拡がることに関係するとされています。
特徴的な偏頭痛の症状としては、偏頭痛が起きる前ぶれとして目の付近からこめかみにかけて痛む、光のキラキラしたものが見える、心臓の鼓動に応じてガンガンする、あるいはズキズキ痛む、音や光で悪くなる、吐き気やめまいがする、などが挙げられます。

しかし、個人によって現れ方は違っています。
偏頭痛が起きる数時間あるいは数日前から、イライラ、生あくび、空腹感などを感じる場合もあります。

偏頭痛の要因としては、ストレス、気温や気圧の急な変化、睡眠不足などが挙げられます。
偏頭痛の要因に特定の食べ物(チーズ、チョコレート、ナッツ類等)が挙げられます。
血管が拡がるアルコールは、偏頭痛が起きると推定されています。
女性の場合は、エストロゲンという卵胞ホルモンの分泌量が下がる排卵時以外に、月経の数日前~月経期に偏頭痛が起きる場合もあります。


用賀駅前整骨院では、患者さんの症状に合わせた治療を行っています。
お気軽にご来院ください。


アクセス情報

所在地

〒158-0097
東京都世田谷区用賀4-11-10 3F

駐車場

お近くのコインパーキングをご利用ください

休診日

年中無休

ご予約について

当院は予約優先制となっております