- 腰痛・ぎっくり腰

腰痛・ぎっくり腰

自分は若いので腰痛・ぎっくり腰は問題ないと考えているのであれば、このような考えは改める方がいいでしょう。
若い人でも、腰痛・ぎっくり腰はなることがあります。

腰痛・ぎっくり腰の治療法

腰痛・ぎっくり腰になれば、近くの医療機関をすぐに受診しましょう。
腰痛・ぎっくり腰になっても案外と動けるため、深く考えないかもしれません。
しかし、きちんとすぐに対処しなければ、どんどん痛みの要因の炎症物質が拡がります。

動けるうちに医療機関で治療することが、傷みを先々抑える最もいい方法です。
深夜などの医療機関が開いていない時に腰痛・ぎっくり腰になった場合は、安静に自宅でして患部を冷やしましょう。
腰痛・ぎっくり腰になってから炎症物質が2日間は出ると、一般的に言われています。
炎症物質はある程度冷やすと抑制できるため、初期の腰痛・ぎっくり腰の段階は徹底して患部を冷やしましょう。
発症した後2日間を目途に、強い痛みが軽くなれば冷やすのを止めてもいいでしょう。

なお、一般的に、痛みは2日目~3日目が最大になると言われています。
そのため、1日目に痛くないということで、冷やすのを止めないようにしましょう。

腰痛・ぎっくり腰の予防法

ここでは、腰痛・ぎっくり腰を予防する方法についてご紹介しましょう。

寝返り運動

全体の体を、膝を曲げながら前に少し丸めて寝返りします。

起き上がり運動

横向きに一度なって、ここから体を腕の力で起こします。
手をどの時期に抜けばいいか分からないでしょうが、ゆっくりと焦らないで行います。

立ち上がり運動

肩幅まで両足を開いて、手をついたり、何かにつかまったりして体を起こします。
座る際も同じような動きをします。

普段から腰を労わる

腰痛・ぎっくり腰は、生命に関係するものではありませんが、一旦なれば激しい痛みがしばらく現れます。
毎日の仕事などによって腰痛・ぎっくり腰にならないように、筋肉をほぐしたりしましょう。

腰痛・ぎっくり腰になった場合は、どのような要因であったかをきちんと医療機関で診てもらいましょう。
要因をそのままにしていれば、負担が腰にかかって腰痛・ぎっくり腰が再発することがあります。
普段から腰を労わりましょう。


腰痛・ぎっくり腰の場合は、専門家による治療をオススメします。
世田谷区の用賀駅近くの整骨院では、患者さんの症状に合わせた治療を行っています。
お気軽にご来院ください。


アクセス情報

所在地

〒158-0097
東京都世田谷区用賀4-11-10 3F

駐車場

お近くのコインパーキングをご利用ください

休診日

年中無休

ご予約について

当院は予約優先制となっております