- テニス肘

テニス肘

最近は、高齢の人でも初めてテニスをするような場合が多くあるようです。

しかし、高齢の人などが初めてテニスをする際は、しばらくして肘が急に痛むテニス肘になることがあります。

テニス肘とは?

テニス肘は、上腕骨外側上顆炎と言われており、テニスを愛好している場合に多く起きるためこのような名前になっています。
テニスのボールをバックハンドで打つ際に、痛みが肘の外側に起きます。
肘の痛みは、雑巾を絞ったり、ドアノブを回したりする際などにも現れます。
テニス肘が進んでくれば、肘が普段でも非常に痛むようになります。
テニス肘が多いのは女性の30代~50代で、テニスの経験が無い場合でも、パソコンのキーボードの打ち過ぎや普段の家事などによってテニス肘になることがあります。

テニス肘の要因

骨の盛り上がりの外側上顆というものが肘の外側にはあり、この箇所に筋肉群として手首を反らせるものが付いています。
例えば、テニスボールを打つ際、強くラケットを握って手首を返す場合は、強く前腕の筋肉が縮んで、大きな負荷が外側上顆のあたりにかかります。
また、初めてテニスをする際などは、ラケットの中央で上手くボールを打っていないことも負荷が肘にかかる要因になります。

テニス肘は、負荷がこのように繰り返してかかることによって、炎症が筋肉に起きた状態です。
テニス肘が悪くなった場合は、カルシウムがこの箇所に沈着して、石灰になる場合もあります。

テニス肘の治療法

テニス肘の強い痛みがある場合は、一旦運動を止めて安静に肘をします。
肘をお風呂で十分に温めて、寝る場合は湿布を貼りましょう。
麻酔剤とステロイドの混合液を、炎症が起きている箇所に注射すると効果が期待できます。
リハビリする場合は、肘の周囲の筋肉の柔軟性をアップするために、筋力を強くするトレーニングとストレッチを行います。

痛みは、テニス肘バンドと言われる装具を使うことによって軽くなります。
このような治療によって、ほとんどの場合は症状が数ヶ月のうちに軽くなります。
しかし、治療を適切に行わないでテニスを無理に継続すれば症状が悪くなって、肉離れがたまに起きたり、テニス肘が慢性になれば1年間~2年間完治するまでにかかることもあるため注意しましょう。


テニス肘の場合は、専門家による治療をオススメします。
世田谷区の用賀駅近くの整骨院では、患者さんの症状に合わせた治療を行っています。
お気軽にご来院ください。


アクセス情報

所在地

〒158-0097
東京都世田谷区用賀4-11-10 3F

駐車場

お近くのコインパーキングをご利用ください

休診日

年中無休

ご予約について

当院は予約優先制となっております