- テニス肘

テニス肘


テニス肘とは、テニスの様にラケットを持って行うスポーツをする方にみられる肘の疾患です。
腕の筋肉の多くは肘に付着しています。腕を使いすぎたり、ボールの衝撃等で肘に負担がかかることにより、筋肉や腱の微細な断裂により、テニス肘になります。
肘の外側を痛める場合(上腕骨外側上顆炎)と、肘の内側を痛める場合(上腕骨内側上顆炎)があります。

テニス肘の要因

肘の外側の外側上顆には、手首を反らせる筋肉が集まり付いています。
例えば、テニスボールでバックハンドやバックボレー打つ際、ラケットからの衝撃が肘の外側上顆に集まります。
繰り返し加わる衝撃により、筋腱が微小断裂を起こし炎症・痛みを生じます。
原因としてフォームの影響・ガットのテンション・練習量等により、腕(前腕)の筋肉のオーバーユースが基盤となります。
テニス肘の場合は、スイング時の運動連鎖を機能低下した筋肉・関節が阻害していることも多く見られます。
運動連鎖とはスイング時のエネルギーの連鎖のことを言い、各関節の曲げ伸ばしや捻り戻しをを使い、脚➡︎体幹➡︎腕 へと大きな力を効率的にボールへのインパクトへ繋げること言います。
具体的には①股関節の柔軟性低下②肩甲骨の柔軟性低下はテニスやゴルフにおけるスイング動作時の運動連鎖の阻害に直結し、腕への負担を増大させます。

テニス肘の治療法

肘周囲の腱組織は血流が悪く、回復が悪い部位であるため、長期間痛みにお悩みの方も多い障害です。
基本的な治療をして、痛む局所の腱組織の血流改善と直接繋がる筋肉の疲労を取り除くため、マッサージ・鍼灸・超音波による施術を行います。
更に運動連鎖をスムーズに行えるための、股関節・肩甲骨周囲を中心としたストレッチや骨盤矯正を、肘局所の治療に加えて行います。

用賀駅前整骨院ではプロテニスプレーヤーと治療を契約しており、専門的なテニス障害の治療を行なっております。

テニス肘、スポーツ障害は、健康保険の適用となります。
お気軽にご相談ください。


アクセス情報

所在地

〒158-0097
東京都世田谷区用賀4-11-10 3F

駐車場

お近くのコインパーキングをご利用ください

休診日

年中無休

ご予約について

当院は予約優先制となっております