- スポーツ障害

スポーツ障害

スポーツ障害の予防法

スポーツ障害を予防する方法は、基本的に、きちんと準備運動と整理運動を行うことです。
準備運動は、怪我を予防する以外に、血液の流れが改善したり、呼吸量が多くなったりして、運動能力がアップする効果が期待できるので、その分急激な負担が運動する際に少なくなります。
中高年の場合は、全体の体が硬い場合が多いので、特に、しっかりと腱や筋肉などが伸びるストレッチを行いましょう。
意識してゆっくりと体を伸ばすと、ストレッチの効果が期待できます。

また、運動が終われば、必ず整理運動を行いましょう。
運動すれば、疲労物質が筋肉に溜まります。
疲れは、なかなかそのままではとれなく、次の日まで影響することもあり得ます。
整理運動は、疲れを早く回復する効果が期待できます。
この際も、軽い運動でいいでしょう。
運動の強さや種類によっては、炎症が膝や肘などに起きる場合もあります。
このような場合は、炎症した箇所を早めに冷やしましょう。

スポーツする際はストレスに注意する

スポーツによっては、ストレスが体に意外とかかる場合があります。
例えば、ゴルフなどがあります。
ゴルフでパットする際などは、強いストレスが緊張するためにかかります。
さらに、息を詰めるので、血圧がこの際にアップし、大きな負担が血管や心臓にかかります。
また、テニスなどのように、勝敗を相手と競ったり、あるいはサーブを打ったりする際に力を入れると、血圧がよくアップするため注意しましょう。
このようなスポーツをする際は、インストラクターに指導してもらって体調に注意するだけでなく、勝敗には自分であまりこだわらなく、楽しんでプレーするようにしましょう。

スポーツの中でストレスが割合かからないのは、一定のペースで継続できるものです。
例えば、、ウォーキング、エアロビクスの軽いもの、水中ウォーキング、サイクリングなどです。
しかし、このようなスポーツでも、一緒に友達と行うような場合は、体力などがそれぞれ違っているので、知らない間にストレスになる場合もあります。
そのため、血圧や肥満を改善するなどの目的であれば、集まるところと解散するところだけを決めておいて、自分のペースであとはスポーツを楽しむというような工夫も大切です。


スポーツ障害の場合は、専門家による治療をオススメします。
世田谷区の用賀駅近くの整骨院では、患者さんの症状に合わせた治療を行っています。
お気軽にご来院ください。


アクセス情報

所在地

〒158-0097
東京都世田谷区用賀4-11-10 3F

駐車場

お近くのコインパーキングをご利用ください

休診日

年中無休

ご予約について

当院は予約優先制となっております