- 五十肩

五十肩(肩関節周囲炎)

五十肩というのは、肩の痛みで50歳代に多く起こるとされているものです。
肩の関節は、運動範囲が大きく、人が立っている際は常に腕の重みを負担しています。
そのため、肩の周囲の筋肉、靭帯、腱は、ストレスが常に加わるようになります。
この箇所の腱の変性が、50歳頃になれば次第に進んで、ストレスをちょっと受けるのみでも傷が腱に容易について、炎症が起きるようになります。

この炎症は、周りの腱以外の組織までに拡大してさらに肩の痛みが強くなるので、肩関節周囲炎と最近は言われています。
ここでは、五十肩の症状・診断、五十肩の治療法、についてご紹介しましましょう。
五十肩で悩んでいる場合は、ぜひ参考にしましょう。

五十肩の症状・診断

特徴が、五十肩の運動制限と痛みにはあります。
強い炎症の急性期の場合は、前腕から上腕にかけて痛みは放散し、痛みのために夜間に目が覚める場合もあり、目が朝早く覚めるようになります。
運動制限というのは、強い痛みのために髪を後方で結ったりする動きが難しくなるもので、朝起きた際に強く、慣れてくれば軽くなります。
運動制限は慢性期になれば強くなりますが、痛みは軽くなります。

しかし、運動を不用意にすれば、痛みが酷くなる場合があります。
レントゲン検査では変化は特にありませんが、運動制限と傷みによってほとんど五十肩は診断が確定します。

五十肩の治療法

五十肩を治療する際は、病期によって薬物療法、温熱療法、運動療法を組み合せします。
傷みが夜間に現れるような炎症が強い場合は、肩を無理に動かさないようにして、マッサージしたり、干渉波という電気を周囲の筋肉にかけたりすることによって、緊張を無くして環境を改善していきます。

炎症が強い時期が過ぎた時に運動療法を積極的に行って、関節包や筋肉の萎縮、骨膜の癒着が二次的に起きるのを防ぎます。
具体的な方法としては、胸椎や肩関節、肩甲骨、頚椎などの動きを手技によって改善して関節可動域を拡大します。
肩甲骨の周囲の筋肉や背中の筋肉に対する負担が、肩の痛みによって大きくなるため、全体的に背中もマッサージします。
また、自分で自宅でできる運動療法もおすすめです。


五十肩の場合は、専門家による治療をオススメします。
世田谷区の用賀駅近くの整骨院では、患者さんの症状に合わせた治療を行っています。
お気軽にご来院ください。


アクセス情報

所在地

〒158-0097
東京都世田谷区用賀4-11-10 3F

駐車場

お近くのコインパーキングをご利用ください

休診日

年中無休

ご予約について

当院は予約優先制となっております