- 生理痛

生理痛

生理痛って何?

生理痛は簡単に言ってしまえば、子宮の収縮が起こす痛みです。排卵後およそ2週間くらいで生理が始まり、その際にプロスタグランジンという物質が分泌されることで、子宮の収縮が起こります。

日常生活に支障をきたすほどの生理痛を月経困難症といいます。何かしらの病気が原因となる場合と、特に病気はなく、日常でのストレスや体質が原因となる場合があります。

病気が原因となる月経困難症を「器質性月経困難症」といいます。主な病気として挙げられるものに、子宮筋腫や子宮内膜症などがあります。

病気が原因ではない月経困難症を「機能性月経困難症」といいます。病気でなくとも体質によっては強い生理痛を起こします。特に若年であると、子宮がまだ未成熟のために、月経血を外に出す通り道が狭いのも痛みの原因のひとつとされています。

日常生活に支障をきたす様な場合や、病気が無いか心配な方は、一度医療機関で検査する事をお勧めします。

簡単な生理痛のセルフケア

腰の周囲を温める

デスクワークの仕事の場合は、腰の周囲をひざ掛けや毛布などで温めましょう。常に腰回りを温めるためには腹巻などがお勧めです。

長時間座らない

長時間座ったままの場合は血液の流れが悪くなるため、30分に1回程度、足の根元をマッサージしたり、立ち上がって屈伸運動をしたりしましょう。

半身浴をする

半身浴を、時間をゆっくりとかけて行いましょう。
下腹部をこの際にマッサージをすると、血液の流れがより改善されます。
いい香りの入浴剤やエッセンシャルオイルをお湯に入れると、リラックスできるため痛みも軽くなります。

軽く運動する

全身の血液の流れを改善するために、軽いジョギングやウォーキングなどを行いましょう。
部屋の中で簡単なストレッチやラジオ体操をするのみでも、痛みが軽くなります。

飲み物に注意する

生理痛の場合は、すった生姜を紅茶にプラスしたものや、血液の流れが改善してイライラが無くなるマグネシウムが多く含まれているココア、血液の流れが改善するサフラン茶などがおすすめです。
身体が冷えるコーヒーなどのカフェインが含まれている飲み物は注意しましょう。

当院の生理痛治療

生理痛の治療の場合、子宮の収縮を和らげる事が目的となります。マッサージや鍼灸などで腰やお腹の緊張を緩める事で症状を軽減します。また、温熱療法などで温めたりして更に症状を抑えていきます。また、日常生活でのアドバイスなどもさせていただきますので、先ずはご相談下さい。


用賀駅前整骨院は健康保険・交通事故取扱指定院です。
お気軽にご来院ください。


アクセス情報

所在地

〒158-0097
東京都世田谷区用賀4-11-10 3F

駐車場

お近くのコインパーキングをご利用ください

休診日

年中無休

ご予約について

当院は予約優先制となっております