- 成長痛

成長痛

成長痛とは?

成長痛の要因としては、非常に活発に骨や筋肉などが未完成の子供が動くので疲労が溜まるためです。
子供が成長するにつれて成長痛は治るため、そのままにしておいても基本的には問題ありません。
しかし、成長痛の多くの要因は、成長期独特のもろく骨端部分がなっていることです。

骨端部分は、骨の成長元になるもので、骨と比べると軟骨組織の柔らかいものでできているので、負荷が大きくなれば炎症が起きるなどのダメージを受ける場合があります。
骨端部分に関係する病期は骨端症と言われており、骨端症が多くの成長痛の場合に現れます。

成長痛と付き合う方法

基本的に、手術などを骨端症は行なう必要はありませんが、長期的に痛みは続くようになり、きれいに治ったと考えて運動すると、痛みがまた現れることがあります。
そのため、基本的に、治療する方法は安静が最も基本です。
強い痛みがある場合は炎症が患部に起きているため、アイシング処置でゆっくりすることが大切です。
子供が運動盛りの場合は安静にするのは困難でしょうが、炎症が治るまでは安静を維持することが大切です。
痛みが軽くなって歩いても痛みが踵になくなるまでは3日間くらい必要で、運動をこの時期に始めると、痛みがまた現れる可能性が大きいため、様子を見ながら競技に復帰するようにしましょう。
1ヶ月間は最低でもかかると考える方がいいでしょう。

成長痛は子供の気持ちの現れ

最も多く子供が痛みを訴えるのは膝で、幼児期の2歳~4歳などの場合にも成長痛のような膝の痛みが確認されています。
主として痛がるのは、膝の裏側・ふくらはぎ・太股・足首などですが、はっきりとどこが痛いか分からないこともあります。
成長痛というのは、遊び疲れにプラスして、両親や他の人からかまって欲しいという気持ちの現れとも言われています。
そのため、妹が生まれた、仕事を母親が始めたなどというような家庭環境の変化があった場合などは、特に子供が言うことを無視しないで、スキンシップを積極的に図ることが大切です。

しかし、成長痛のみが足の痛みの要因ではありません。
そのため、おかしい歩き方の場合や痛みがだんだん強くなるような場合は、医療機関を一度受診するようにしましょう。


成長痛の場合は、専門家による治療をオススメします。
世田谷区の用賀駅近くの整骨院では、患者さんの症状に合わせた治療を行っています。
お気軽にご来院ください。


アクセス情報

所在地

〒158-0097
東京都世田谷区用賀4-11-10 3F

駐車場

お近くのコインパーキングをご利用ください

休診日

年中無休

ご予約について

当院は予約優先制となっております