- 往診治療・在宅マッサージ

往診治療・在宅マッサージ

往診治療とは?

医療の種類としては、受けるところで大きく分類すると、

・診療所や病院の外来で医療を受ける外来医療
・入院して医療を受ける入院医療
・患者の自宅などで医療を受ける在宅医療

があります。

在宅医療の中において、患者の自宅などに医師が訪問して行う治療が往診治療です。
往診というのは、診療する際に必要であると医師が判断した場合、患者の自宅などに予定外に訪問して診療するものです。
一方、訪問診療は、在宅診療を行なう患者で、通院するのが疾病などのために難しい場合に、診療計画を事前に医師が立案して、患者に了解してもらって、例えば、1回1週間などに患者の自宅などに定期的に訪問して診療を行うものです。

在宅治療は、患者や家族と相談して、定期的に医療関係者が計画をベースに訪問して治療などを行うもので、対応を24時間体制で行っています。
在宅治療としては、医師が診察などを訪問して行う訪問診療、看護師がケアを訪問して行う訪問看護などが含まれます。

在宅マッサージとは?

鍼灸マッサージ団体が1990年代になって、在宅マッサージを高齢者に対してが盛んに全国的に行うようになって、市町村の多くにおいて、高齢者のためのマッサージに関して行政指導が積極的に健康保険給付などについて行われています。
在宅マッサージとしては、国民に広く医療マッサージが普及し始めています。
医療マッサージは、日本において古い歴史があり、従来から医療機関では非常にマッサージ師が活躍していました。

理学療法士及び作業療法士法が昭和40年に成立してから、一時的にマッサージ師が医療機関で行う医療マッサージは衰退したようになりました。
しかし、近年は在宅マッサージに多くのマッサージ師が取り組んでおり、在宅マッサージによって医療マッサージなどがマッサージ師によって復活してきています。
在宅マッサージの目的としては、

・関節拘縮、脳血管障害後遺症などの筋麻痺などの場合に、苦しく不自由な生活を送っている高齢者が寝たきりになるのを防止する
・できる限り寝たきりの多くの高齢者が、自立的に動けるようになる、自立して生活を快適に送ることができるようにサポートする

ことが挙げられます。


往診治療・在宅マッサージの場合は、専門家による治療をオススメします。
世田谷区の用賀駅近くの整骨院では、患者さんの症状に合わせた治療を行っています。
お気軽にご来院ください。


アクセス情報

所在地

〒158-0097
東京都世田谷区用賀4-11-10 3F

駐車場

お近くのコインパーキングをご利用ください

休診日

年中無休

ご予約について

当院は予約優先制となっております