- 肩こり

肩こり

肩こりというのは、正式な病名ではなく、一つの症候名です。
肩こりは、ほとんど症状が背中や首の後ろに現れる場合が多くあります。

肩こりの症状

肩こりは、特に肩上部の痛みから多くの場合は始まります。
肩こりが進むと、こりを感じる箇所や圧痛箇所が拡がります。
持続的に筋肉が緊張することによって圧痛箇所が拡がって、こりが肩甲挙筋・菱形筋・棘上筋などの深層筋にまで拡がれば、重苦しさが感じられるようになります。
重苦しさをそのままにしておくと、痛みが現れるようになって、進んでくれば上肢・顔面の関連痛や緊張性頭痛が現れる場合もあります。

肩こりの治療法

肩こりを治療する方法は、その症状の重さによってさまざまなものがあります。
薬はできる限り服用したくないという場合は、ストレッチを行ったり、生活習慣や姿勢を改善したりします。
強い痛みがあり、薬を服用する場合は、筋肉の痛みを無くす痛み止め、筋肉が緊張しなくなる筋弛緩薬が処方されます。
痛みの箇所が限定していれば、ブロック注射を考えます。

肩こりの予防法

肩こりを予防するということでも、肩のみを考えては駄目です。
全体の体は、筋肉、骨、腱、関節で繋がっており、バランスよくお互いに連携しながら体を動かしています。
過度に体を動かしすぎたり、体を運動不足によって動かさなかったりした場合は、お互いがアンバランスになって悪影響として肩の痛みや肩こりとして現れます。

バランスを維持して生活を無理なく続けていくと、90歳になるまで人の関節などは若々しく機能を維持することができると言われています。
そのため、体にとって最もいいのは、無理が全体の体のバランスにかかっていない状態を維持することです。
このような状態というのは、体を動かさないということでは決してありません。

負担を体にかけないで、本来の力を体が最も発揮できるような状態です。
応用が最も効くような状態でもあります。
この基本は、姿勢を正しくすることです。

姿勢を正しくするというのは、最小限の負荷で本来の人の力や動きを最大限に発揮できるスタイルです。
体にとって、バランスが最もいい状態です。
姿勢が正しくなることは、肩こりが予防できるのみでなく、全身の痛みやこりが無くなる効果が期待できます。


肩こりの場合は、専門家による治療をオススメします。
世田谷区の用賀駅近くの整骨院では、患者さんの症状に合わせた治療を行っています。
お気軽にご来院ください。


アクセス情報

所在地

〒158-0097
東京都世田谷区用賀4-11-10 3F

駐車場

お近くのコインパーキングをご利用ください

休診日

年中無休

ご予約について

当院は予約優先制となっております