- 変形性膝関節症

変形性膝関節症

変形性膝関節症とは?

変形性膝関節症というのは、軟骨が無くなったり、すり減ったりして膝の形が変わって、腫れや痛みが現れるものです。
膝関節が痛むので、よく関節リウマチと勘違いされます。

変形性膝関節症の症状が重くなれば、骨が露出したり、軟骨がすり減ったりして膝関節がデコボコの表面になって、滑らかな本来の動きができなくなります。
また、運動痛や膝関節の変形などによって、大きな影響を歩行や起立に与えるので、著しく生活のレベルが下がります。

変形性膝関節症の予防法

健康な人でも、50歳を過ぎれば筋肉が縮んできます。
日常生活が40代の時期と同じようなものであれば、筋力はだんだん下がってくるため、膝の健康を保つためにトレーニングを少しずつ行いましょう。
マラソンやランニングを気軽に始める人が近頃は多くなっていますが、急に走れば膝の痛みの要因になります。
運動をしていない場合は、ウォーキングからまずスタートして、問題が膝に起きないことが確認できるとジョギングするというように、体づくりをだんだんと行っていきましょう。

トレーニングする際に大切なことは、運動靴はクッション性があるものを履くことです。
骨に伝わる衝撃を膝の軟骨は緩和するようなものであるため、すり減ると補うことが必要であり、運動靴を履くことが最も簡単な方法です。
体重のかかり方が、固い底の靴に比較して小さくなります。

さらに、膝周りの筋肉を運動する前後はストレッチして柔らかくして、怪我をしたことがある場合は、アイシングを運動した後にして十分に膝をケアしましょう。

整形外科を受診する

変形性膝関節症が起きるリスクが、中高年になれば大きくなります。
痛みなどを膝に感じた場合は、整形外科で診てもらって、変形性膝関節症であれば進まないようにしましょう。

また、半月板の損傷がMRI検査で分かった場合は、スポーツ選手と同様に注意しましょう。
手術で取り除けば、変形性膝関節症がこれによって進んで、問題に先々なる場合が多くあります。
痛みの要因はどこか、年を取ることによって半月板が損傷したことが痛みの要因か、痛みの要因は変形性膝関節症で、痛みには損傷した半月板は関係ないなど、膝の状態を十分に把握して治療する方法を選びましょう。


変形性膝関節症の場合は、専門家による治療をオススメします。
世田谷区の用賀駅近くの整骨院では、患者さんの症状に合わせた治療を行っています。
お気軽にご来院ください。


アクセス情報

所在地

〒158-0097
東京都世田谷区用賀4-11-10 3F

駐車場

お近くのコインパーキングをご利用ください

休診日

年中無休

ご予約について

当院は予約優先制となっております