- 膝痛

膝痛

膝痛で悩んでいる女性も多くいるのではないでしょうか。
膝痛が多く起きるのは、立ち上がって歩き出したり、ベッドから起き上がったりする際などの動作を始める際、あるいは、正座したり、中腰になったり、階段を昇降したりするなどの特定の動作の際、長時間歩いたり、立ったりした後などです。

膝痛の感じ方は、個人によって違っています。
膝痛はどのようなものか、どのような支障が実際の生活においてあるか、について医師に伝えましょう。
更年期になれば、膝痛になる女性が多くなります。
エストロゲンが、骨、軟骨、関節を守っています。
しかし、このエストロゲンが更年期に少なくなることによって、膝痛がよく現れるようになります。

膝痛の検査

整形外科の問診では、膝痛のきっかけになったこと、どのような経過か、膝痛の状況が大切です。
参考には、外傷歴、職業歴、スポーツ歴などもなります。

更年期からエストロゲンが少なくなる女性の場合は、膝痛が多くなります。
しかし、異常がレントゲン検査の結果ではないことが多くあり、必ずしも検査結果とは相関がありません。
強い膝痛があり、悪くなったり、継続したりする場合は、MRI検査などでより詳しい精密検査を行って、病態を掴むことが大切です。

膝痛の治療法

膝痛は、使い勝手が良くないことや許容量をオーバーした使用し過ぎから自分自身を守るために、アラームが生理的に出たものです。
そのため、病的な意識を必要以上に持たないことも必要です。
人の体は、年を取ることによってちょっとずつ進む変化に対して適応していきます。
膝痛を受け入れて、上手に共存していくことが大切です。

膝痛の要因になる動きをまず控えましょう。
そのうえで、外用薬・内服薬、強い膝痛の場合は、ブロック注射、関節内注射などで膝痛を軽くします。
しかし、過度に膝痛を守ることは、かえって運動不足になって、慢性に膝痛がなる場合もあります。
そのため、タイミングを見て、ストレッチや運動を適切に行うことが大切です。

膝に対する負担が軽くなる体重の制限や、サポート力が下がるのを防止するための腹・背筋や大腿四頭筋を強くするトレーニングも、長期的には効果が期待できます。
また、膝痛は、更年期障害を治療することによって軽くなる場合もあります。


膝痛の場合は、専門家による治療をオススメします。
世田谷区の用賀駅近くの整骨院では、患者さんの症状に合わせた治療を行っています。
お気軽にご来院ください。


アクセス情報

所在地

〒158-0097
東京都世田谷区用賀4-11-10 3F

駐車場

お近くのコインパーキングをご利用ください

休診日

年中無休

ご予約について

当院は予約優先制となっております