- 顎関節症

顎関節症

顎関節症の症状とは?

ものを噛むとこめかみや耳の根元が痛くなったり、あくびをすれば「カクン」というような音が口の中でしたりすることを、経験したことがある人もいるのではないでしょうか。
このような症状があれば、顎関節症の疑いがあります。
ここ十数年で、顎関節症の患者は急に多くなっており、若い20代~30代の女性に特に多く見られます。

症状が軽い場合は、そのままにしておいても自然に治る場合もあります。
しかし、そのままにしておけば症状が重くなって、耳鳴りやめまい、舌や歯の痛み、肩こりが継続したり、食事が口が開かないので摂れなくなったりする場合もあります。

顎関節症の要因とは?

顎関節症は、いくつかの要因があります。
例えば、頭蓋骨を接ぐ箇所にあるクッションの役割を担う「関節円板」という組織と下顎の骨がずれるために起きる場合があります。
関節円板というのは、口を開閉する動きに応じて前後に動き、骨同士が当たるのを防止しますが、前方にこれがずれた状態になる場合があります。
そのため、口を開閉する際に、口を開けにくくなったり、音が「カクン」としたりします。

また、ものを噛む際に使用する筋肉の「咀しゃく筋」の障害も、要因として考えられます。
この筋肉に、負荷が長時間あるいは慢性的にかかると痛みが現れます。

これ以外に、靭帯や関節包の障害で起きるもの、変形性関節症で起きるものもあります。
きちんと顎の違和感の要因を調べることが大切です。

顎関節症の予防法とは?

歯科医で顎関節症を治療する際は、不快な症状を除去したり、顎関節症の要因を無くす次のような保存療法が行われます。

薬物療法

薬物療法は、痛みを薬によって無くします。

運動療法

運動療法は、顎を動かすトレーニングを口の開閉で行って、元の位置に関節円板を戻します。

スプリント療法

スプリント療法は、食いしばりや歯ぎしりによるダメージをマウスピースを着けて軽くします。

顎関節症の治療期間とは?

顎関節症の治療期間は、症状で違ってきますが、約1ヶ月間~半年間くらいと言われています。
生活習慣が顎関節症は関係する場合が多いので、患者のセルフケアがメインになります。
顎関節症を予防するためには、歯を食いしばったり、頬杖をついたりするような癖を改善することが必要です。


顎関節症の場合は、専門家による治療をオススメします。
世田谷区の用賀駅近くの整骨院では、患者さんの症状に合わせた治療を行っています。
お気軽にご来院ください。


アクセス情報

所在地

〒158-0097
東京都世田谷区用賀4-11-10 3F

駐車場

お近くのコインパーキングをご利用ください

休診日

年中無休

ご予約について

当院は予約優先制となっております